本文へ移動
公益社団法人
大分県理学療法士協会
〒870-0127
大分県大分市大字森町501-3
センチュリーコートAZ2階3号室
TEL.097-547-7797
FAX.097-521-9077

1.公益事業
2.その他の事業(相互扶助事業)

1
1
6
8
3
9

事業報告

事業報告

6/9研究推進講習会(導入編)

2019-06-12
日 時:2019年6月9日 (日) 9:00〜12:10
会 場:井野辺病院 4階会議室
内 容:
第一部では大分大学医学部附属病院リハビリテーション部の坪内優太氏から「理学療法士に研究が必要か?」、第二部では大分循環器病院リハビリテーション科の本田祐一氏から「臨床研究が“診療の質”・“チーム力・組織力”の向上に繋がる」とういうサブテーマでそれぞれご講義を頂きました。
理学療法士にとって臨床研究を行うことは、理学療法の質を向上させる為にはとても大切であり、研究と臨床は切っても切り離せないことを参加者全員が認識することができたと思います。
また、臨床研究を行うことは個人のスキルアップだけでなく、チームや組織のステップにも繋がることを、講師が実際に取り組んできた内容を具体的に提示していただき、臨床研究をもっと広い視野で捉えることの大切さを知る事ができました。臨床研究に必要なスキルを身につける事は、理学療法の効果検証だけでなく、理学療法士として必要なスキルであることを知る、非常に実りある講習会となりました。            
最後に、本講習会では活発な質疑応答も行え、参加者の皆様の臨床研究に対しての興味関心が伺えました。今後も学術部研究推進課は、研究スキルの向上を始め、県内の理学療法士間の繋がり、また施設間の繋がりを密にし、研究というテーマの元に大分県の理学療法の質の向上に寄与できましたらと思います。
文責:学術部研究推進課 向井雅俊
講 師:大分大学医学部附属病院 リハビリテーション部 坪内優太氏
    大分循環器病院 リハビリテーション科 本田祐一氏
参加者:協会員:40名
6/9研究推進講習会(導入編)事業報告写真01
6/9研究推進講習会(導入編)事業報告写真02
TOPへ戻る