公益社団法人大分県理学療法士協会|大分県大分市|公益事業|相互扶助事業

  • 知識と技術
  • あなたの笑顔がずっと続くために
公益社団法人
大分県理学療法士協会
〒870-0127
大分県大分市大字森町501-3
センチュリーコートAZ2階3号室
TEL.097-547-7797
FAX.097-521-9077
----------------------------------
1.公益事業
2.その他の事業(相互扶助事業)
----------------------------------
外部リンク
 
 

事業スケジュール

事業スケジュール
 
臨床教育プログラムphase1 県南ブロックのお知らせ
2016-06-02
 
臨床教育プログラムphase1 別杵速見ブロック 報告
2016-06-09
6月9日、藤華医療技術専門学校で臨床教育プログラムphase1が開催され、40名の理学療法士が参加しました。
本研修は、2本立てのテーマで行っています。
 
一つ目は、『今後の大分県士会の活動について』というテーマで、会長の河野礼治が講師を務めました。社会における理学療法士の立ち位置や今後行うべきことについて会員に説明を行いました。大分県の地域包括ケアシステムの成熟に向けて、我々理学療法士が何を成すべきかということ。この数年が肝である。ということが参加した会員に伝わったことと思います。また、河野からは、『医療倫理とハラスメント』というテーマについても別途、講義がありました。
 
二つ目は、『現場における理学療法士のアセスメントについて 総論編』というテーマで、臨床教育課の課長である紙谷浩喜が講師を務めました。これは、今年度、臨床教育課が主催するナイトセミナーの総論の内容を伝えるものです。対象者に対して十分に対応するためには知識だけでは不十分であり、知恵を身に着ける必要がある。知恵は、ある程度の経験と思考のトレーニングによって身に着けることができる。ということが会員に伝わったと思います。
 
臨床教育プログラムphase1 別杵速見ブロックのお知らせ
2016-06-09
 
研修部 管理運営研修会第1回 事業報告
2016-06-10
平成28年度管理運営研修会「リーダーシップとマネジメントの基礎から応用」 その①

テーマ:「職場の人材になるために」

①日 時:平成28610日(木)19:0021:00

②会 場:別府リハビリテーションセンター 研修室

③講 師:特定医療法人明徳会 佐藤第一病院 藤原 愛作 先生

④対 象:県士会員 101名(受講者)

⑤内 容 :組織には一般職やリーダー職、管理職といった各部門によって存在しています。各部門で役割や思想は違ってきますが、同じ土俵に立ち組織の理念のもと成り立つことをお話し下さいました。
 
研修部 管理運営研修会第1回
2016-06-10
平成28年度管理運営研修会「リーダーシップとマネジメントの基礎から応用」 その①

テーマ:~職場の人材になるために~

日 時:平成28610日(木)19:0021:00(受付18:30~)

講 師:特定医療法人明徳会 佐藤第一病院 藤原 愛作 先生

会 場:別府リハビリテーションセンター 研修室

定 員:100名程度

参加費:会員 無料 会員外500円 会員外理学療法士1,000

 

申込み:kanriunei28@gmail.com(件名:平成28年度管理運営研修会申し込み)

    ①氏名 ②所属施設名 ③代表者携帯番号 ④所属(県士会員or新人or非会員or学生)

    ⑤受付可否の連絡先(PCアドレス)

締 切:平成286月 日( )

問い合わせ:中村病院 佐藤 由隆(0977-23-3121
 
臨床教育プログラムphase1 大分ブロック 報告
2016-06-14
6月14日、藤華医療技術専門学校で臨床教育プログラムphase1が開催され、62名の理学療法士が参加しました。
本研修は、2本立てのテーマで行っています。
 
一つ目は、『今後の大分県士会の活動について』というテーマで、会長の河野礼治が講師を務めました。社会における理学療法士の立ち位置や今後行うべきことについて会員に説明を行いました。大分県の地域包括ケアシステムの成熟に向けて、我々理学療法士が何を成すべきかということ。この数年が肝である。ということが参加した会員に伝わったことと思います。また、河野からは、『医療倫理とハラスメント』というテーマについても別途、講義がありました。
 
二つ目は、『現場における理学療法士のアセスメントについて 総論編』というテーマで、臨床教育課の課長である紙谷浩喜が講師を務めました。これは、今年度、臨床教育課が主催するナイトセミナーの総論の内容を伝えるものです。対象者に対して十分に対応するためには知識だけでは不十分であり、知恵を身に着ける必要がある。知恵は、ある程度の経験と思考のトレーニングによって身に着けることができる。ということが会員に伝わったと思います。
 
臨床教育プログラムphase1 大分ブロックのお知らせ
2016-06-14
 
学術研究発表推進プログラム1 のお知らせ
2016-06-17
 ()プログラム1「臨床でやってみたくなる研究方法論(テーマを決めよう)」

  師 :大分大学福祉健康科学部 朝井政治 氏

  時 :平成28年06月17日(金) 19:00~21:00(予定)

    大分県教育会館(予定

    :会員(無料)、非会員(参加費500円)  定員100人

(読み替え)新人教育プログラムテーマ D-3理学療法の研究方法論

 

研修会参加申し込みについて

    申し込み期限 平成28年6月15日(水)

    申し込み先は電子メールにて下記にお願いいたします。

    申し込み先 happyoumezasi01(a)yahoo.co.jp 

(a)を@に変換し送信してください(学術部 河合(永冨脳神経外科病院))

    メールの題名または本文内に「学術研究発表推進プログラム1 参加申し込み」と

ご記入ください。

   必要事項 氏名 ②所属先 会員(会員番号)or 非会員 ⑤連絡先(電話番号)

  ※申し込みに際して得た個人情報は、講習会に伴うこと以外の目的で取り扱うことは致しません

 

 

 

<参考>

(2)プログラム2「研究計画の立案をしよう」(仮称)

  師 :大分大学福祉健康科学部 朝井政治 氏

  時 :平成28年07月15日(金) 19:00~21:00(予定)

    大分県教育会館(予定

(3)プログラム3「研究結果の解析(統計の実践)をしよう」

講 師   :九州大学病院別府病院 工藤義弘氏 

日 時 :平成28年10月14日(金)19:00~21:00(予定)

   大分県教育会館(予定)

 
賛助会員懇話会 事業報告
2016-06-18

【賛助会員懇話会】
日時:6月18日(土) 19:00~21:30
場所:うを清(大分市内)
参加者:11名(賛助会員3名、理事:6名、受付・書記:2名)
内容:懇話会(19:00~19:30)
・2015年度の事業内容の報告を行いました。
・今後の賛助会員懇話会のあり方について意見交換を行いました。
懇親会(19:30~21:30)
・理学療法士の現状、大分県士会の今後の展望など様々な話をしながら、賛助会員の皆さんとの親睦を深めました。

 
H28トランスファー研修会 報告
2016-06-26
昨年度に引き続き、今年度も6/26に中村病院(別府市)にてトランスファー研修会を開催しました。講師は高橋知良先生です。((公社)大分県理学療法士協会 副会長)現在、トランスファー技術や福祉用具には多くのものがありますが、個々の患者に最も適切な方法を選択するのは難しいかと思います。今回は、バイオメカニクスを踏まえたテクニックを活用し理論的に解説して頂き、実技練習も補助講師を増やし少人数で行いました。参加された方は技術の選択肢が増え、理論を理解することにより、対象者に適切な方法で介助することができるようになったと思います。高橋先生、ご指導ありがとうございました。今後もご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いします。
qrcode.png
http://opta.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
072515
会員向けアンケート
<<公益社団法人大分県理学療法士協会>> 〒870-0127 大分県大分市大字森町501-3センチュリーコートAZ2階3号室 TEL:097-547-7797 FAX:097-521-9077