公益社団法人大分県理学療法士協会|大分県大分市|公益事業|相互扶助事業

  • 知識と技術
  • あなたの笑顔がずっと続くために
公益社団法人
大分県理学療法士協会
〒870-0127
大分県大分市大字森町501-3
センチュリーコートAZ2階3号室
TEL.097-547-7797
FAX.097-521-9077
----------------------------------
1.公益事業
2.その他の事業(相互扶助事業)
----------------------------------
外部リンク
 
 

大分県理学療法士協会からのお知らせ

大分県理学療法士協会からのお知らせ
 
【重要】H29年度 推進リーダー制度手続きについて
2017-06-25
平成29年度 地域包括ケア推進リーダー、介護予防推進リーダーの取得を希望される方は、下記のPDF資料をご確認の上、手続きをお願いします

 
渉外部 部長 久恒 健
 
7/1(土)第8回難病研究会
2017-06-22
 
臨床教育ナイトセミナー phase1 大分ブロック事業報告
2017-06-20
6月20日、大分記念病院にて、臨床教育ナイトセミナーphase1が開催されました。参加者数は平日の夜にもかかわらず、48名の会員が参加しました。
 講師は公益社団法人大分県理学療法士協会会長である河野礼治 氏と臨床教育課課長である紙谷浩喜 氏です。河野会長より「今後の大分県理学療法士協会について」というテーマで講義の後、紙谷が「理学療法評価の評価と治療の再考 総論」というテーマで講義を行いました。
 河野会長の講義では、理学療法士を取り巻く環境変化(人口構成、社会保障制度改革に伴う病床削減、理学療法士の需要)について説明があり、今後の理学療法士を取り巻く環境は決して優しいものではないということ、理学療法士として生き抜くための覚悟や努力の必要性を参加者が実感する内容でした。
 紙谷の講義内容は、生涯学習システムの実践にむけて臨床教育課の役割の説明や、現場で実践可能な思考のトレーニング方法、実際の症例検討を行い、今年度の臨床教育課の事業に関する説明や企画意図を参加者に伝えました。
 業務終了後に開催したにもかかわらず、会員達は熱心に耳を傾けていました。
 
臨床教育ナイトセミナー phase1 別杵速見ブロック事業報告
2017-06-13
6月13日、別府リハビリテーションセンターにて、臨床教育ナイトセミナーphase1が開催されました。参加者数は平日の夜にもかかわらず、43名の会員が参加しました。
 講師は公益社団法人大分県理学療法士協会会長である河野礼治 氏と臨床教育課課長である紙谷浩喜 氏です。河野会長より「今後の大分県理学療法士協会について」というテーマで講義の後、紙谷が「理学療法評価の評価と治療の再考 総論」というテーマで講義を行いました。
 河野会長の講義では、理学療法士を取り巻く環境変化(人口構成、社会保障制度改革に伴う病床削減、理学療法士の需要)について説明があり、今後の理学療法士を取り巻く環境は決して優しいものではないということ、理学療法士として生き抜くための覚悟や努力の必要性を参加者が実感する内容でした。
 紙谷の講義内容は、生涯学習システムの実践にむけて臨床教育課の役割の説明や、現場で実践可能な思考のトレーニング方法、実際の症例検討を行い、今年度の臨床教育課の事業に関する説明や企画意図を参加者に伝えました。
 業務終了後に開催したにもかかわらず、会員達は熱心に耳を傾けていました。
 
理学療法週間イベントのおしらせ
2017-06-19
今年度は7月6日~7月12日を理学療法週間として活動します。
7月9日(日)10:00~14:00においてあけのアクロスタウンさんで体力測定・理学療法について相談等のイベントを行います。皆様奮ってご参加ください。
 
7月17日 理学療法の日を皆様に知っていただくために
2017-06-19
7月17日は理学療法の日です。これは昭和41年7月17日に110名の理学療法士によって日本理学療法士協会が設立された日です。大分県理学療法士協会は今年度、大分市を中心に運行するバスの看板を製作しました。皆様ぜひ探してみてください
 
(学術誌)大分県理学療法学 投稿論文募集について(7月31日締切)
2017-07-31
 
第20回大分県理学療法士学会 一般演題募集のお知らせ(募集期間7月31まで)
2017-07-31
 
臨床教育ナイトセミナー phase1 豊肥ブロック事業報告
2017-06-08
6月8日、藤華医療技術専門学校にて、臨床教育ナイトセミナーphase1が開催されました。参加者数は平日の夜にもかかわらず、70名を超える会員の参加がありました。
 講師は公益社団法人大分県理学療法士協会会長である河野礼治 氏と臨床教育課課長である紙谷浩喜 氏です。河野会長より「今後の大分県理学療法士協会について」というテーマで講義の後、紙谷が「理学療法評価の評価と治療の再考 総論」というテーマで講義を行いました。
 河野会長の講義では、理学療法士を取り巻く環境変化(人口構成、社会保障制度改革に伴う病床削減、理学療法士の需要)について説明があり、今後の理学療法士を取り巻く環境は決して優しいものではないということ、理学療法士として生き抜くための覚悟や努力の必要性を参加者が実感する内容でした。
 紙谷の講義内容は、生涯学習システムの実践にむけて臨床教育課の役割の説明や、現場で実践可能な思考のトレーニング方法、実際の症例検討を行い、今年度の臨床教育課の事業に関する説明や企画意図を参加者に伝えました。
 業務終了後に開催したにもかかわらず、会員達は熱心に耳を傾けていました。
 
第14回大分県リハ支援C・地域リハ研究会合同研修会
2017-06-08
qrcode.png
http://opta.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
068200
会員向けアンケート
<<公益社団法人大分県理学療法士協会>> 〒870-0127 大分県大分市大字森町501-3センチュリーコートAZ2階3号室 TEL:097-547-7797 FAX:097-521-9077